スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

執着を手放す

こんにちは、L.P.@セブです。

「執着を手放すこと」って大切ですよね。

そのことを知っている方は多いと思います。

でも、とっても難しいですよね。というか、

手放そうって思っているうちは、手放すことは出来ないですよね。きっと。

私も義母を許さなくてはと思っているときは許せませんでした。思えば思うほど許せませんでした。まさにこれこそが執着なんでしょうね。

去年の11月、ビジョンクエストで生まれ変わるというか、平安な状態になって、本当の意味で義母を許すというか、そもそも何を許す必要があったのだろうかという状況になりました。

そして、むしろ義母との関係に意識することによって、本当の課題である夫婦の問題から目をそらしていたのだということに気づき、今年は夫婦の関係を改善するということを目標にしました。

ところが、そのような目標に向かい努力すればするほど、これまでにない激しい夫婦げんかがたびたび起こりました。本気で離婚しようということもお互い考えました。今もその状況はお恥ずかしながら変わっていません。

振り返るに、何とか改善しなくてはならないという執念、そして妻に対して変わって欲しいと思う思い、分かって欲しいという思いが強くなればなるほど、それが反動となって現れていたんだと思います。

頭では、「過去と他人は変えられない」と分かっているものの、やっていることは変えようとすることでした。ある種のジレンマのようです。

そのため、アデプトを受け、エゴを浄化しようと思ったとき、ずっとそのことにフォーカスしていました。あまりにそのことに執着していたため、紫乃花さんから厳しいご注意を頂きました。
アデプトを受講しているのだから、自分の個人的な問題にフォーカスするのではなく、アデプトに集中するようにと。

そして、アデプトの2日間は、個人的な問題を少し置いておいて、アデプトのことを考えてくださいと。

すると、不思議なことに、あまり頭に入らなかったそれまでのアデプトの内容が、それまで以上に集中して理解できるようになる。

そして、アデプトでははじめてやるということをやって頂きました。それは紫乃花さんにそのようなメッセージが届けられたからだそうです。そのあることというのは、トランプのようなカードを引き、今の私が必要としているメッセージを受け取るというものでした。
すると、紫乃花さんもはじめて見たというカードが引き出され、なんとそのメッセージというのが、さんざん紫乃花さんからいわれてきた内容に全くといっていいほど合致したもので、本当に驚きました。


このときに得た気づきというのは、「執着を手放すこと」は難しいが、「執着をしばらくの間、脇に置いておくこと」というものです。

許したいという執念や、夫婦間を解決しなくてはという強い思いは手放したり、忘れ去ることはなかなか難しいし、というかそれを放棄することなど出来ないと思います。

しかし、しばらくの間だけ忘れて脇に置いておくということはあまり難しくないと思いました。しかし、そのことが結果的にこれまで張りつめていた思い、執着を一時的であるにせよ断ち切ること。それによって、気持ちにゆとりというか、気分転換というか、とにかくベターな状態になりました。

なるほど、「しばらく脇に置いておく」というワザはなかなか使えるなと思っていました。

そうしたところ、昨日「神との対話」という本を読み終えました。この本はなかなか驚きの内容というか、とても深い、いい内容の本でした。

神との対話―宇宙をみつける自分をみつける神との対話―宇宙をみつける自分をみつける
(1997/09)
ニール・ドナルド ウォルシュ

商品詳細を見る


この本の中に、以下の一節がありました。


『真の悟りとは捨てることではなく、違う選択をすることだ。何かから離れる行為ではなく、何かに向かう行為である。あなたは何かから離れることは出来ない。相手は地獄までもあなたについてくる。それならば、どんな誘惑にも抵抗しないことだ。ただ、そこから顔をそむけなさい。』

許さなければと思っているうちは、ますますその抵抗は大きくなり、ますます許すことが出来なくなる。
この本は、そうではなくて別のこと(違う選択)にフォーカスすることを示唆している。
読みながら思わずうなってしまった。

脇に置いておくこともひとつのワザだが、別のことにフォーカスすること、何かに向かうこと、このことはもっとすばらしいワザのように思った。

夫婦関係を改善することは、相手あってのこと。自分一人ではどうにもならない。ならば自分に出来ることにのみフォーカスする。

今、自分に出来ることは、自分自身が成長すること、妻のため子供のため出来ることをすることだろうか。

結果はどうなるか分からない。ただ自分が出来ることにフォーカスしてみよう!

スポンサーサイト

テーマ : 自己啓発・能力開発 - ジャンル : 学校・教育

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

FC2カウンター
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

           L.P. (Learning Process)             

Author:           L.P. (Learning Process)             
日々、自分の人間性を高めていくために奮闘している中年男です。

2007年、会社でパワーハラスメントを受け、カウンセリングに通う。
これを機に自分を見つめ直し、カウンセラーから教わったT/A、アサーションをきっかけに様々な心理学、自己啓発を学び、元気を取り戻す。
自己啓発、心理学、スピリチュアルなど様々なセミナー、様々な本を読み漁るも、全く成長の実感がつかめず歳だけを取っていく。
8年後の2015年、ほんのわずかながらも成長を感じると同時に、改めて非常に時間のかかるラーニングプロセスであると実感し、今日も目に見えないながらもわずかな成長を信じて、日々のラーニングプロセスを記録としてブログに刻む。

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pepos
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。