スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

許すということ

こんにちは、L.P.です。

先日、大仕事をひとつ終えました。連日終電帰り、休日出勤、最後は2連泊とこの3週間はかなり厳しい状況でしたが、ようやく一段落しました。

この仕事が忙しくなる前から個人セッションを開始したのですが、これまで3人の方とセッションを持ちました。そして仕事も山を越えたので、長らくお待ち頂いている方とのセッションを開始したいと思っています。

さて、セッションを終えたみなさん、
個人個人様々な経験、思いをもたれているのですが、セッションの中でご自身が思いもよらなかったことに気がつき、ご自身なりに状況を整理・理解・納得し、最終的には勇気あるすばらしい決断をされて終えられているので、私自身もとても嬉しく思っております。

すでに、決断にもとづき行動を開始されている方から変化が現れているとの速報を伺っておりますが、近いうち嬉しい詳細な報告が頂けるものと信じております。


さて、3名の方とのセッションの間に参加した本田健さんと宝地図の望月さんのジョイント講演会では、1000人以上参加者がいる中で、偶然にもビジョンクエストの際お会いしたっきりになっていた方と再会をしました。実はこの方は私が人の心が看えるというか、感じ取れるようになる最初のきっかけを与えてくれた方なのです。再会の際、このブログでその時のことを紹介して頂いて構いませんとのお話を頂いたので、後日ご紹介したいと思っています。

そして、そうした再会や3名の方とのセッションを終えた先日、ふといろいろなことを考えていました。それは、なぜ自分はそのような能力に目覚めたのかということと、セッションを受ける方が抱えている問題や悩みの根っこはなんだろうかということ。

その時、ひとつ気がついたことは、許すということ。

以前、「許すということ」と「許しのレッスン」という本をご紹介するとともに、私は読んだけどダメだったというご報告をしました。

しかし、その後マイケルボルダックとのセッションを受け、私自身が義母を許せないという思いが、「自己重要感」つまり自分の価値観、満足感を軸にしたものであるということに気づかされ、許せるという感覚になり、ハノイから電話をした経緯があります。

そしてその後、ビジョンクエストに参加した際、音楽を聴き突然訳も分からず涙が止まらなくなった後、心が平安な状態になり、そもそも自分は何を許そうと思っていたのだろうという感覚になりました。

そしてそれと同時に、人の心が看えるというか感じ取れるという能力に目覚め、これを多くの人のために活かしていくことこそ自分の天職であると気がつきました。

そんなことを振り返っている時、ふと分かったことは、「自分自身を許すということ」であった。

私はそれまで、いろいろなセミナーに参加したり、様々な本を読んで自分なりに勉強に務め、次第に「義母を許せば解決される、解放される」という思いに至った。そして、許さなければならない、どのようにしたら許せるだろうと考え、「許すということ」と「許しのレッスン」という本を読んだ。

しかし、許さなくてはと思っているときは、全くそのような状況にならなかった。

そして、音楽を聴いた後、心の底から許せるというか、そもそも何を許すのだろうというような感覚になったのは、自分自身が妻に対して申し訳ない気持ちになったことではないかと考えた。

あまり顕在意識で意識したこともなかったことだが、心のどこかに申し訳ない気持ちがあったのだろう。そしてその気持ちが浮き出たことによって、自分自身を許したのではないかと感じた。セミナーに参加している時点では決して直接妻に謝ったわけでもないのだが、自分がこころの底から申し訳ないという気持ちをあらわにし、自分自身認めることによって、自分自身を許したのではないだろうか。そんな気がした。


ただし、そう感じたことをビジョンクエストの後、妻に伝えたが、だからといって妻が許すというわけではないし、義母もこちらが謝ったからといって許してくれたわけではない。

ただ、以前よりは自分自身の気持ちとして楽になった部分はある。ただし、楽になったとはいえ、家族の問題で日々直面する問題なので、辛い状況に変わりはないのだが。

原因と結果の法則、引き寄せの法則、因果応報など、これらの法則はまさに自分を許すことによって、相手を許すことが出来、相手を許すことによって自分も許され、癒されるのかなと。相手があることはすぐには変化しないかもしれないが、このような法則やはりそうなんだろうなーと信じて期待しているところです。
スポンサーサイト

テーマ : 自己啓発・能力開発 - ジャンル : 学校・教育

COMMENTS

No title

L.P.さん

マイケルのコーチ認定プログラムお疲れ様でした。
そしてメールありがとうございました。

いろいろな経験をされて今に至るんです。
今L.P.さんは、本当に変わろうとしています。
それがこのブログを通して解ります。
これからも応援しています。

藤田

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

FC2カウンター
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

           L.P. (Learning Process)             

Author:           L.P. (Learning Process)             
日々、自分の人間性を高めていくために奮闘している中年男です。

2007年、会社でパワーハラスメントを受け、カウンセリングに通う。
これを機に自分を見つめ直し、カウンセラーから教わったT/A、アサーションをきっかけに様々な心理学、自己啓発を学び、元気を取り戻す。
自己啓発、心理学、スピリチュアルなど様々なセミナー、様々な本を読み漁るも、全く成長の実感がつかめず歳だけを取っていく。
8年後の2015年、ほんのわずかながらも成長を感じると同時に、改めて非常に時間のかかるラーニングプロセスであると実感し、今日も目に見えないながらもわずかな成長を信じて、日々のラーニングプロセスを記録としてブログに刻む。

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pepos
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。