スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

驚き、喜び、恐怖、不安、思い上がり

こんにちは、L.P.@日本です。

すっかりご無沙汰してしまいました。フィリピンから無事帰国しました。

帰国、1週間ほど前から風邪を引き、治りかかった頃に帰国。すると寒さのせいか、再び風邪。最初の土日はトイレ以外は寝たきり状態。月曜日、無理して会社へ行くも火曜日はお休み。

仕事も今年に入ってから結構忙しく、そのせいもあったと思いますが、今はおかげさまでようやく良くなりました。

さて、この間いろいろと書きたいことがあるのですが、今日は今の心境を告白したいと思います。

それと、先週から「個人セッション」を開始しました。最初の方は、直接面識のある方で、その方と、事前のメールのやりとりの中で、私から、以下のような文章を送りました。(以下抜粋)
「正直なところ自分でも重々承知しているのは、天職であると感じながらも、これで飯を食っていきたい、早くこちらを本業にしたいという心の焦りがあり、かつ自分の能力に対する驚きやそれに伴う気づき、思い上がりがいろいろとあり、やる側(カウンセラー?)の立場からの意識がかなり強く現れてよろしくないと思っていました。」


セッションが無事終わり、それなりに答えというのか納得されるような思いが得られた後に、ご本人にお伝えしたのは、「実はドタキャンしたかった」ということ。

風邪や疲れで体調が万全ではなかったので、何度となくその日はお断りしようと思っていた。

自分では、ある程度認識していたつもりだが、やはり「セッションをやる」と決めてかかると、もしうまくできなかったらどうしようという不安が暗黙のプレッシャーとなって襲いかかってくる。これが、本当にプロとして飯を食っていたら、とてつもないプレッシャーなのだろう。

そういう不安感がある一方、これまでの何名かの方の人生の大きな変化の節目に遭遇し、自分自身の能力に対する驚きがあった。あまり予期せぬ衝撃的な出来事であり、その出来事の大きさゆえ、自分の能力に対する大きな驚きがあった。このブログでもいろいろ気づくことを書いたが、未だになんなのか自分でもよく分かっていない。

そして、本田健さんのビジョンクエストにでて、この能力に気がつき、これが自分の天職であると気がついた一方、これで飯を食っていきたいという思いが強くなり、早くこちらを本業にしたいという気持ちの焦りが出てきて、天職であると純粋に思った思いや、純粋に天職を活かしていくという気持ちとは別の、何か計算高い思いが混在してきた。

また、自分のおかげでその人は大きな変化を遂げることが出来たというような思い上がりの気持ちというものも顔を出したり、一方で、その人がセッションの際に決意した勇気と行動を純粋に応援したり、その変化を心の底から嬉しく思ったりととても複雑な心境がある。

焦りや思い上がりといった気持ちはあまり良いものではないと思っているけれど、そう思う自分は、今の等身大の自分。出てくる思いはどうにも出来ない。(出てきた後の対処はあるけど。)

そういう思いを感じつつ、その方に上記のメールを送ったところ、翌日本当に偶然にも大切な友人の方から、勇気あるそして厳しいアドバイスを頂いた。

直後、冷や汗がしばらく止まらなかった。

厳しいが故に、気持ち的に辛い部分があったことは事実だが、一方であまり普通の人がいいたくないことを言ってくれる友人がいるということは嬉しいことだと思った。

本田健さんの本の中に、起業して経営者になる方の多くは一度破産すると書いてあった。そしてその後、諦める人、そこから再起する人がいて、永続的にすばらしい経営をしている多くの人は、そのような経験を乗り越え再起した人だという。

そして、先週、本田健さんと宝地図の望月さんのジョイント講演会に参加した後の懇親会で、ある2人の参加者と一緒になった。2人とも株などの投資をされており、1人は1日にして800万円の損失を出した経験があり、もう一人はリーマンショックの際、1400万円の損失を出したとのこと。私にはおおよそ見当が付かないが、2人に共通しているのは、そのショックを乗り越えた後に、投資の能力(感覚)が冴えだしたとのこと。

何か、本田健さんの本との共通性を感じる。

そして、今の自分は破産したりというわけではないが、ひとつの試練というか、自分自身向かい合い、越えていかなければならない壁に直面しているように思う。

今のところ、自分ではうまく整理しきれない複雑な心境にある。

ただ、自分には何かしら社会や人様にお役に立てる能力があるのだと思うし、そう信じたい。そしてそれは突然現れたものではあるが、自分自身苦しんだり、考えたり、多少なりとも成長したことによって現れたことだと思うし、また学生時代から勉強し、仕事でも勉強を続け活用している経験・能力と共通性が高いことなので、何らか赤い糸で結ばれたものだとも思っている。

そして、私が外国人として途上国のコミュニティの人と関わるとき、全くの第三者ではあるものの、第三者としての存在意義、役割、偶然の出逢いやきっかけがあると信じて今の仕事をしている。ファシリテーターと呼んだり自分自身は変化せず、化学変化を促進する意味でキャタリスト(Catalyst:触媒)と呼んだりしているが、相手の人の人生をどうしたいというようなこちらの側の意志はあるわけではないが、その人達のために積極的に関わりたいという思いや、そういうことを通じて自分自身のやりがい・充実感を満たしたいというこちら側の思いや意志というものはある。

個人セッションも同様に、直接的に相手と関わり合いを持つこと、そしてどちらかというと支援するという立場をとるため、自分の立ち位置というものは難しい気がしている。

ただ、以前何かの本でなるほどと思った一節がある。

「自分を犠牲にして貢献するのは、私利利欲のためだけに生きることと同じである」

結構、奥が深いと思っている。

個人セッションにしても、今の仕事にしても「相手のために」という思いが強くなりがちだし、相手もそのように思いがちなんだと思うけど、少なくとも今の自分には、自分が関わることによる、満足感、充実感、その人の経験した過去の辛い思いを追体験し、その変化のきっかけを一緒に考え、その変化を見届けることによって、自分一人の人生では経験しきれない数々の意味ある経験・学び・気づきを得ることによって、自分自身が成長できるという自分自身の動機というか意志がある。

もちろん、その人自身の変化やその人の喜びを感じられることが私にとっても一番喜びだが、私も一人の人間として今も悩みを抱え、それに取り組んでいる。セッションをしているからと言って、自分が完璧な人間ではない。医者だって病気もする。しかも名外科医とて、自分の背中の悪性腫瘍は手術できない。

だからお互い一人の人間として、同じように悩みを抱える人間として、そして同じように悩みに取り組み、自分自身の成長のために格闘する仲間として向き合いたいと今は思っている。

今の自分にそれが出来るかどうかは分からないし、将来どうなるのか分からない。ただ、自分の気持ちに素直に、そして自分を信じてがんばっていきたいと思う。

何年かして、これを自分自身読み返したとき、どんなことを思う自分になっているのだろうか。
スポンサーサイト

テーマ : 自己啓発・能力開発 - ジャンル : 学校・教育

COMMENTS

すばらしい気づきですね

1400万円飛ばしてしまったのは、私です。
われわれ、みんながお互いまさにラーニングプロセスの真っ只中ですよね。
私も社会や人の役に立てるような人間になりたいと思っていますが、低いレベルの方で、自己犠牲の精神は無いように思います。自分が幸せであって初めてみなに分ける(分けるといっても減るものではないと思っています。キャンドルサービスの火のイメージです。)
プロセスを楽しみながら、どんどん夢の形に近づいていきたいですね。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

FC2カウンター
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

           L.P. (Learning Process)             

Author:           L.P. (Learning Process)             
日々、自分の人間性を高めていくために奮闘している中年男です。

2007年、会社でパワーハラスメントを受け、カウンセリングに通う。
これを機に自分を見つめ直し、カウンセラーから教わったT/A、アサーションをきっかけに様々な心理学、自己啓発を学び、元気を取り戻す。
自己啓発、心理学、スピリチュアルなど様々なセミナー、様々な本を読み漁るも、全く成長の実感がつかめず歳だけを取っていく。
8年後の2015年、ほんのわずかながらも成長を感じると同時に、改めて非常に時間のかかるラーニングプロセスであると実感し、今日も目に見えないながらもわずかな成長を信じて、日々のラーニングプロセスを記録としてブログに刻む。

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pepos
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。