スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さな引き寄せ

こんにちは、L.P.です。

昨日は、前いた会社の友人の結婚式に参加しました。8年前に転職してから1,2年に1度会う程度ですが、ずっと親しくさせて頂いており、式からのご招待を頂きうれしく思いました。

朝、結婚式に向かう際、自宅からバスに乗り、最寄り駅に行くまでの20程の間に小さな引き寄せがいくつか起こりました。ささやかなことですが、何とも不思議で何とも嬉しかったです。

バス停に向かい歩いていると、少し先の交差点を走って渡る年輩の女性がいました。そのしばらく後に交差点を歩くと、毛皮の帽子が歩道に落ちていたので、
目立つようガードレールの柱に引っかけておきました。その後、バス停に並ぶと前に並んでいた年輩の女性がかばんの中を必死になって捜し物をしていました。ひょっとするとこの人がさっき交差点を走って渡って、その勢いで帽子を落とした人かなと思ったので、少しだけ勇気を出して「ひょっとして帽子落とされました?」ときくと、「はい」ということだったので、あそこのガードレールにおいておきましたよと伝えた。その人の落とした帽子だったようで、一件落着。

その後、バスに乗りバスカード通す時、少し勇気を出して運転手さんに「おはようございます」と一言。しかし反応無し。

実は、1年弱ほど前、どん底からやや立ち直った頃、そして「原因と結果の法則」などの本を読んだ頃、何か小さなそして良いことをやるよう心掛けようと考え、その際に決めたことが席を譲ること。何を隠そう、私は電車などでは座ることに命をかけているのだ。今でも毎朝電車を3本遅らせて座っていくほどです。なので、年輩の方や体の不自由な方、妊婦さんなどに席を譲るのはかなりの覚悟がいるというのが本音です。でもやはり勇気を出して、覚悟して席を譲ったときにお礼を言われたりするととても気持ちがいい気分がします。

でもって、今朝のバス。終点の駅が近くなった停留所で年輩の男性が大きな荷物を持って乗車した。最前列に座っていた私は、すかさず後ろの席を見るとちょうど満席。ということですぐさま席を譲った。すると「いえ、結構です」と遠慮されてしまった。しばらくお互い譲り合うように2人して立っていたが、しばらくして年輩の方が断念して、「ありがとうございます」と言って着席した。終点手間で下車したこの方は、下車するときに再度「ありがとうございました」と言って頂いたので、「どういたしまして。」と私も返事。

次の停留所、先程の人よりもう少し年輩の方が乗車した。一番前にいた私は既に席を譲っているので、どうすることもできず。すると、私の反対側に座っていた先ほどの帽子を落とした女性(多分60歳前後で、元気そうな方)が、私も譲らなくちゃと思ったようだったが、もじもじしている間に既にその方は後ろに進んでおり、何とも中途半端な気持ちだと感じていようだった。

そしてまた次の停留所。またまたかなり年輩の方が乗車された。すると先ほどの女性は席を直接的に譲るというよりは、乗車されたと同時に立ち上がり、後ろの方に歩いていった。「どうぞ」と直接譲るほども勇気がなく、ましてや譲った後その人の横に立つのもなんとも気まずい気がしてしまうためだろう。先に席を立ち、後ろに姿を消した。

そして終点。先頭に立っていた私は前方のドアから出ようとしたところ、後ろから「ありがとうございました」といわれ、何のことかと振り向いたら、再度、運転手さんが「席をお譲り頂きましてありがとうございます。」と。私も「ありがとうございました。」と言ってスを降りた。

シャイな、そしてこころ優しい人たちが、私の少しの勇気に引き寄せられたように思い、自分も嬉しかったし、そんなみんなのシャイな優しさに触れて何ともいえない小さな幸せを感じられたひとときだった。
スポンサーサイト

テーマ : 自己啓発・能力開発 - ジャンル : 学校・教育

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

FC2カウンター
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

           L.P. (Learning Process)             

Author:           L.P. (Learning Process)             
日々、自分の人間性を高めていくために奮闘している中年男です。

2007年、会社でパワーハラスメントを受け、カウンセリングに通う。
これを機に自分を見つめ直し、カウンセラーから教わったT/A、アサーションをきっかけに様々な心理学、自己啓発を学び、元気を取り戻す。
自己啓発、心理学、スピリチュアルなど様々なセミナー、様々な本を読み漁るも、全く成長の実感がつかめず歳だけを取っていく。
8年後の2015年、ほんのわずかながらも成長を感じると同時に、改めて非常に時間のかかるラーニングプロセスであると実感し、今日も目に見えないながらもわずかな成長を信じて、日々のラーニングプロセスを記録としてブログに刻む。

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pepos
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。