スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交流分析 (T/A) とエゴグラム

こんにちはL.P.です。

先週末は、久しぶりに異業種の友人たちと飲む機会があり、非常に良い刺激を受けました。
やはり、こういう機会って良いですね。今後も継続していきたいと思っています。

さて今日は、アサーションを学んだことをきっかけにはまってしまった、交流分析(T/A)についてです。
カウンセリングを受けた際、この交流分析に基づく性格診断というか、後述のエゴグラムというものに基づいた分析をしてもらいました。


交流分析とエゴグラム (Transactional analysis series (3))交流分析とエゴグラム (Transactional analysis series (3))
(2000)
新里 里春

商品詳細を見る


交流分析とは、主として幼児期に両親などの他者と交流する中で形成される人格・自我を分析したものです。この理論によると、人間の心(自我)の中には大きく親の心(Parent)、大人の心(Adult)、こどもの心(Child)という3つの心があるとしています。さらに親の心の中には厳格な父親の心(CP:Critical Parent)と優しい母親の心(NP:Nurturing Parent)、こどもの心の中には自由奔放なこどもの心(FC:Free Child)と柔順なこどもの心(AC:Adapted Child)に分けられます。つまり人間は5つの心を持っており、その5つの心のバランスや表現によって支配されているということです。また当然のことながらこれらの自我・人格・性格といったものには優劣があるわけではなく、人それぞれの個性ということになります。
簡単な診断テストで自分の5つの心の状態を分析したもの(性格診断のようなもの)をエゴグラムといい、5つの心の得点が折れ線グラフとなります。(興味ある方は多くのWebサイトで診断できますので、交流分析かエゴグラムでググってください)

エゴグラムは、下表のようにまとめられます。つまり、優劣がなく、プラス・マイナス、表裏一体というかその特徴の裏返しがあるということです。ちなみに私の場合は、
(表の右がかけてしまっているので、クリックして見てください。)

TA表
Aが高く、NPが低いというのが主な特徴で、CP、FC、ACはやや高めでした。

でもって、エゴグラムで何をしようかといいますと、自分の性格特性を把握し、欠点だと思っている部分、直したいと思っている部分について、修正し、理想の自分に近づけようとするものです。それには低得点で表現されている心を少しあげるように努力する、あるいは低得点部分のマイナス面が出にくいような対応を気をつけることによって、自分がこうありたいという自分にします(自己啓発)。なお、高い心を下げるのは難しいようです。
私の場合は、理論先行(Aが高い)で気配りをしない(NPが低い)ので、気配りを心がけるなどして、NPが低いマイナス面をでにくいように心がけるなどしようと思った次第です。
また、基本的な性格というものは残念ながら大きくは変わらないようですが、上記のようにすることで、改善が図られます。
ちなみに、このエゴグラムが初めて作られたケースは、メアリーという女性のエゴグラムだそうです。26歳の未婚の女性で性的にかなり自由でありながら、どうしてもオーガズムが味わえない女性だったそうです。彼女のエゴグラムはNPが低かったため、交流分析の専門医がNPを高めるよう治療・指導(カウンセリング)して、やがてオーガズムが味わえるようになったとき、メアリーのNPがかなり高くなっていたとのことでした。(それにしてもこんな治療をする人がいるのでしょうか???なお、れっきとした医療書を参照しています。「交流分析とエゴグラム」チーム医療出版)
私が交流分析にはまってしまったのは、これだけではありません。交流分析の理論の中にゲーム分析と脚本分析というのがあります。こちらも次回ご紹介させていただきます。
スポンサーサイト

テーマ : 自己啓発・能力開発 - ジャンル : 学校・教育

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

FC2カウンター
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

           L.P. (Learning Process)             

Author:           L.P. (Learning Process)             
日々、自分の人間性を高めていくために奮闘している中年男です。

2007年、会社でパワーハラスメントを受け、カウンセリングに通う。
これを機に自分を見つめ直し、カウンセラーから教わったT/A、アサーションをきっかけに様々な心理学、自己啓発を学び、元気を取り戻す。
自己啓発、心理学、スピリチュアルなど様々なセミナー、様々な本を読み漁るも、全く成長の実感がつかめず歳だけを取っていく。
8年後の2015年、ほんのわずかながらも成長を感じると同時に、改めて非常に時間のかかるラーニングプロセスであると実感し、今日も目に見えないながらもわずかな成長を信じて、日々のラーニングプロセスを記録としてブログに刻む。

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pepos
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。