スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛行機を使わずに行く、ユーラシア大陸横断+アフリカ単独旅行、その2

こんにちは、L.P.です。

今日は、飛行機を使わずに行く、ユーラシア大陸横断+アフリカ単独旅行、その2です。

中国までは神戸から天津までフェリーで行くということが決まりました。そして北京からは、モンゴル経由でイルクーツクまで行き、イルクーツクで乗り換えてモスクワまで行くということで、シベリア鉄道の経路は確定しました。
時は1991年。そう、まだ
ソ連と言っていた時代です。ソビエトが崩壊したのは1991年12月25日。私が旅立ったのは1992年1月末。詳しくは別途述べるとして、とにかくソ連では自由に旅行することができません。VISAも当然必要です。VISAを取得するためには、すべての旅程を確定し、その手配を確定しなくてはなりません。そのため、調べた結果、専門の旅行代理店を通じてチケットを購入するとともに、外国人専用の高級ホテルを予約し、すべて行程予約し、VISAを取得するというものです。最終的にはモスクワを発ち東欧諸国に出るまでの行程を予約する必要がありました。
結局、専門の旅行代理店である日ソ旅行社(今は社名変更して、ロシア旅行社)に予約ならびにVISAの手配をお願いしました。

次に、ヨーロッパでどうしようかと検討した結果、「ユーレイルパス」というヨーロッパの鉄道が乗り放題になるというチケットがあることを知りこれを調べました。とういうことで、これを使ってヨーロッパの国々をなるべく多く回ろうと考えました。そうこう調べ考えているうちに、どうせ乗り放題なんだから、ユーラシア大陸の西の果て、ポルトガルまで行こうと決めました。

今日はこの辺で。続きは次回。
では。
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

『いつかモイカ河の橋の上で』 中野吉宏 著 (第三書館)

 副題は「会社を休んで59日間 地球一周」とある。  大学を出てフリーターをしながらお金を貯め小さな会社をつくった30代後半の男。一生懸命働くものの不景気も手伝い気持ちは空回り。ちょっとした出来事がきっかけとなり、突然、仕事を放り出し、大学時代以来2回
FC2カウンター
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

           L.P. (Learning Process)             

Author:           L.P. (Learning Process)             
日々、自分の人間性を高めていくために奮闘している中年男です。

2007年、会社でパワーハラスメントを受け、カウンセリングに通う。
これを機に自分を見つめ直し、カウンセラーから教わったT/A、アサーションをきっかけに様々な心理学、自己啓発を学び、元気を取り戻す。
自己啓発、心理学、スピリチュアルなど様々なセミナー、様々な本を読み漁るも、全く成長の実感がつかめず歳だけを取っていく。
8年後の2015年、ほんのわずかながらも成長を感じると同時に、改めて非常に時間のかかるラーニングプロセスであると実感し、今日も目に見えないながらもわずかな成長を信じて、日々のラーニングプロセスを記録としてブログに刻む。

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pepos
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。