スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴマすり

こんにちは、L.P.です。
今回日本を出る直前に友人と飲む機会があった。
いつも思うことだが、いい仲間と話をするというのは、いろいろと勉強になることや刺激を受けることがあってとても有意義だ。そして、自分もその会話の中で話をするので、話しながら頭が整理されたり新しいアイディアが想像されたり、あるいは改めて自己認識するといった気づきがある。
そういった中、先日の機会で我ながらLearning Processが少しずつ前進しているんだなーということを感じた。というのは、
昨年末カウンセリングを受けて、交流分析(T/A)による自己分析というか性格診断をした際、自分はNP(思いやりあるお母さんの心)が弱い部分があるので、他人に対する思いやりや配慮をした方がよいとのアドバイスを受けた。同時に、これを実現するためにはまず自分を認め、自分をほめてやることが大切とのアドバイスを頂いた。
しかしながら、相手をほめることはどうしてもゴマをすっているような気がして自己嫌悪感が強かった。また相手をほめれば自分もほめられるというまさに「原因と結果の法則」を理解していたので、相手をほめることはいかにも自分がほめられたいからほめるようで、偽善的イメージが強かった。しかし徐々にこういったイラショナルビリーフを改善しようとしてきた結果、少し前に行き着いた考えが、「自分がほめられたいからという理由でも良いので、相手をほめてみよう。それで相手がハッピーなら良いじゃないか。しかもそれが自分に返ってきて自分もほめられればハッピーなんだから良いじゃないか」と。まあこの考えも利己的な面があり、良い考えだとは思っていなかったが、とりあえずそう考えて自分を納得させ、相手をほめるということをやってみようと努力していた。そんな話を仲間に説明しながら気がついたのは、最近そういう考えに基づいて経験してきたが、やってみると以外といい感じで、別に相手のためにやっているとか自分のためにやっているとかあまり感じなくなってきたということに気がついた。
なるほど、最初は抵抗感があったというか、努力してきた訳だが、それがある程度なれてくるときっと自分自身がひとつ上のレベルに上っているので、そういう抵抗感が薄らいでくるのだなと考えたりした。
そうした中、翌朝の土曜日、朝早く古紙回収があるので新聞紙を家の軒先に出した。その後収集業者の方が、1軒1軒家の前でトラックを止めて新聞紙の固まりを荷台に積んでいた。偶然トラックが来たときは家の前で子供と遊んでいた。一瞬古い自分の考え方がよぎった。すなわち、この人は収集業者の人なので、自分で新聞紙を担いで荷台に積むのは当たり前、それが彼の仕事なんだから、と思った。しかしその直後、そうではあるけど自分が手伝ってあげても別に構わないんだから、まあ一丁手伝うかと思い直し、自分の家の新聞紙をトラックの荷台に積んだ。そうすると、運転手さんが、「ありがとうございます」といった。何を意識して自分が手伝ったのかよくわからなかったが、とにかく「ありがとう」といわれて嬉しかったし、とてもいい気分がした。きっと運転手さんも嬉しかっただろうし、いい気分だったと思った。少なくとも運転手さんにゴマをするつもりもなく、そうしたところで何の見返りも期待できず、意味もない訳だが、なぜか手伝ってみようかという気がした。そしてその結果がこのように気持ちのいい結果となり、なんともさわやかな気持ちがした。
うーん、やっぱりよくわからないけど、きっとひとつ階段を上ったんだと思った。ささやかなLearning Process。
スポンサーサイト

テーマ : 自己啓発・能力開発 - ジャンル : 学校・教育

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

FC2カウンター
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

           L.P. (Learning Process)             

Author:           L.P. (Learning Process)             
日々、自分の人間性を高めていくために奮闘している中年男です。

2007年、会社でパワーハラスメントを受け、カウンセリングに通う。
これを機に自分を見つめ直し、カウンセラーから教わったT/A、アサーションをきっかけに様々な心理学、自己啓発を学び、元気を取り戻す。
自己啓発、心理学、スピリチュアルなど様々なセミナー、様々な本を読み漁るも、全く成長の実感がつかめず歳だけを取っていく。
8年後の2015年、ほんのわずかながらも成長を感じると同時に、改めて非常に時間のかかるラーニングプロセスであると実感し、今日も目に見えないながらもわずかな成長を信じて、日々のラーニングプロセスを記録としてブログに刻む。

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pepos
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。