スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金持ち

こんにちは、L.P.です。

今日は、「お金持ち」というタイトル。
先週末、原チャリで走っていたとき、突如「お金持ち」なることについて考えた。というのは、最近自分はいったいどんな仕事をしたいのかということを考え直そうとしているのだが、そのひとつに「お金持ちになりたい」という誰もが思うような漠然とした望みと、一方で「お金儲けのことばかり考えることは醜いことだ」というこれまた漠然とした相反する思いを持っていた。

いわゆる「心のブレーキ」というか、「イラショナルビリーフ」のようなものが、心の奥底にあるのだろうと思う。学生時代、日本のいくつかのNGOでボランティアをしていた頃、「将来、NGOスタッフになってベンツ
を乗り回すようになりたい」と思っていた。
これって、違和感あることなのでしょうか?
なぜこういうことを考えたかというと、私が親しくしていたNGOスタッフの方々は皆志が高く、情熱的なのですが何年か経つと経済的理由でやめざるを得ない(特に結婚したりすると)という状況を見てきたことです。またNGOのスタッフ=ボランティア=無料奉仕という日本的な先入観というかイメージがあることに対する疑問というか反発心もあったと思います。
NGOのプロとして、他の誰よりもいい仕事をする人であればより良い給料をもらったって良いじゃないか、むしろ無料奉仕的イメージがあることが日本のNGOが育つことを阻害しているんじゃないかと。
だから、自分はNGOスタッフとしてその道のプロとなり、それに見合う対価をもらい、ベンツに乗ったって良いんじゃないかと思ったわけです。
諸般の事情で、その道をあきらめたわけですが(詳細はまた別の機会に)、そのような思いを持っていたわけです。
一方、とはいいつつも仮に自分が優秀なNGOスタッフとなり、一流の所得を得てベンツを買うほどの経済的余裕があった場合、そのお金をベンツなんか買うんじゃなくて、途上国の貧しい人のためにもっと有効活用できるんじゃないかという思いもありました。例えばベンツに乗って貧しい人のところに行って会ったとき、相手はどう思うだろうか?そんなことはできないんじゃないかと。
いつかわからないけど、自分の心の奥底にこうした相矛盾するような思いを持っていた。

こういうことを思い出しつつ、自分はこれからいったい何がしたいのかということを考えていた時期だったので、突然原チャリに乗りながら考えたわけです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そうか、世界のビルゲイツは、大富豪であると同時に、ゲイツ財団を通じた世界一の社会福祉家ではないか。
もし、自分がビルゲイツになったとき、自分の財団が事業を実施している貧しい人々の村を訪れるときに、相手に合わせてボロ切れの洋服を着ていくのだろうか?ベンツ(ではないにせよそれなりの車)に乗って、それなりの身なりをして会いに行くのだろうか?
会いに行った貧しい人たちが「L.P.さん、ありがとう。でもベンツ買うお金があったらもっと支援してください」って言ってきたら、「あなたは私があなたのような格好で来ることをお望みですか?そしてそうなって欲しいとお考えですか?」と答えるだろう。そして「私はあなたのような格好になることを望んでおらず、そしてあなたがそのような格好で居続けることを望んでいません。だから協力しているのです」と。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
原チャリに乗りながら頭の中で突然こんな会話をしだした。
スポンサーサイト

テーマ : 自己啓発・能力開発 - ジャンル : 学校・教育

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

FC2カウンター
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

           L.P. (Learning Process)             

Author:           L.P. (Learning Process)             
日々、自分の人間性を高めていくために奮闘している中年男です。

2007年、会社でパワーハラスメントを受け、カウンセリングに通う。
これを機に自分を見つめ直し、カウンセラーから教わったT/A、アサーションをきっかけに様々な心理学、自己啓発を学び、元気を取り戻す。
自己啓発、心理学、スピリチュアルなど様々なセミナー、様々な本を読み漁るも、全く成長の実感がつかめず歳だけを取っていく。
8年後の2015年、ほんのわずかながらも成長を感じると同時に、改めて非常に時間のかかるラーニングプロセスであると実感し、今日も目に見えないながらもわずかな成長を信じて、日々のラーニングプロセスを記録としてブログに刻む。

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pepos
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。