スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災

こんにちは、L.P.@日本です。

先日、無事帰国しました。

このたび、被害に遭われた方々にはこころよりお見舞い申し上げます。

今後、微力ながら自分なりに出来ること、力になれることをやっていきたいと思っています。

さて、震災があったとき、現地の同僚を介して、東北地方で大きな地震があったが大丈夫かとの連絡を受けたが、東北に家族親戚はいないので問題なしと特に気にしていなかった。

しばらくした後、偶然銀行で両替している時、設置されたテレビでCNNの速報をやっていた。

それは、ヘリコプターから津波が襲ってくる映像だった。

一瞬目を疑った。

過去、インドネシアの津波の復興プロジェクトやパキスタン北部地震の復興プロジェクトを経験したことがあるが、まさか自分の国がそのような事態になるとは夢にも思わなかった。

数時間電話をし続けて家族の無事は確認できたが、マラウィからでは何の力にもなることが出来ない。

まずはネットで義援金を送った。


振り返るに、阪神大震災の朝、修士論文提出間際だった時、大学の研究室で徹夜をしていた。

朝、通学してきた仲間がすごいことになっているというので、急いで下宿に帰りテレビを見たがまるで映画を見ているような錯覚を覚えた。

小学校から中学にかけて4年間西宮市に住んでいた。思い出というより、自分が育った町、自分を育ててくれた町、先生や友達がいる町。

阪神大震災の年、ボランティア元年といわれたが、自分はその前からNGOでボランティア活動に参加していたし、すぐにボランティアに駆けつけたい思いだった。

しかし、既に卒業旅行で西アフリカを旅する予定を組んでおり、チケットも購入していた。

現在の国際協力の仕事をすることも決まっていた。

結局、旅行を選び、震災の数週間後には論文を提出し旅立った。

自分の中の言い訳としては、西アフリカの旅は将来自分の仕事に役立つだろうというものだった。

帰国後、卒業式までの数日間、先生の勧めもあり、数日被災地を訪れた。ボランティアというよりは、震災見学と言った方が正確だ。

以来、ずっと心に引っかかるものがあった。

今回何が出来るかよく分からない。

ニュースでは多くのボランティアが登録に訪れたが、多くが対応枠を越え、ボランティアとして協力することが出来なかったとのこと。

昨晩というか今朝見た夢は、避難所を訪問し、おじいちゃん、おばあちゃんに「生きていてくれて有り難う」と言って抱きしめてあげるという自分なりの支援をしているというものだった。

とにかく、今後自分に何が出来るか考えていきたいが、まずは自分が見た夢の思いが被災した方々を癒すエネルギーとなることを祈りたい。

スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル : 心と身体

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

FC2カウンター
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

           L.P. (Learning Process)             

Author:           L.P. (Learning Process)             
日々、自分の人間性を高めていくために奮闘している中年男です。

2007年、会社でパワーハラスメントを受け、カウンセリングに通う。
これを機に自分を見つめ直し、カウンセラーから教わったT/A、アサーションをきっかけに様々な心理学、自己啓発を学び、元気を取り戻す。
自己啓発、心理学、スピリチュアルなど様々なセミナー、様々な本を読み漁るも、全く成長の実感がつかめず歳だけを取っていく。
8年後の2015年、ほんのわずかながらも成長を感じると同時に、改めて非常に時間のかかるラーニングプロセスであると実感し、今日も目に見えないながらもわずかな成長を信じて、日々のラーニングプロセスを記録としてブログに刻む。

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pepos
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。