スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人セッション再開

みなさん、こんにちは、L.P.です。

昨年8月6日に以前セッションを受けて頂いた方から、適応障害型うつ病になったというメールを頂き、「個人セッション休止宣言」をしました。

それから、1年3ヶ月が経ちました。この間、悩み考えたこと、そして先日の八ヶ岳での合宿セミナーでの気づきなど、自分の思いをその方にお伝えし、そして同時にこれまで休止していたセッションを再開することをご報告しました。

ようやく再開を決意するに至ったのは、

先日の八ヶ岳での合宿がひとつのきっかけとなりました。

もちろん、この1年3ヶ月悩み考えてきて、徐々に再開に近づいてきてはいたのですが、最後にようやく分かったことは、自分はこれまで自分本位で人から奪うこと、人をけ落とすこと、自分だけがよくなることばかりを考えて生きてきたということです。

これまで重々気づいてきたように、これまでのセッションの問題は、自分のエゴだったと思っていて、このこと自体は今もその通りだと思っています。

しかし今回、痛切に感じたことは、自分本位な考えから来る、自分が人を変えてやるという思いや、この人はこう変わらなくてはならないのだという思いが無意識レベルで強く働いていたことです。このことが結果的に適応障害型うつ病という結果にしてしまったのだと反省しています。

今回の合宿セミナーの冒頭、本田健さんが、「人は変わりません」、「人は自分が変わりたいと思ったときにしか変わりません」と言っていて、当たり前と思いつつも、この当たり前のことをしっかり理解できていなかったと感じました。

また、先日ブログに「資格」ということについて書きました。こんな自分にセッションを再開する資格があるのかということもずっと悩んできたのですが、ブログを書いた時点では、資格があるという内容のことを書きましたが、セミナーに参加して、心のどこかに完全にそう思っていない自分がいることに気づきました。

しかし、本田健さんも幸せな暮らしをし、パートナーシップ論などを教えているものの、やはり夫婦げんかはあるという話をきいて、改めて完璧な人間などいないと感じました。ただ、本田健さん自身けんかは減ってきたし、けんかしても和解するまでの時間が成長に伴い短くなったそうです。(昔は3日間口を利かないこともあったそうです)

また、少し前何かで読んだものに、「走り続けることでしか答えが出ない」というようなものがありました。
セッションを再開すれば、将来また望ましくない結果が現れることもあると思いますが、そこから学び成長していく以外にはないのだと感じます。

そして、これまで自分自身がセッションをやる中で、自分自身が学び、気づきを得て成長することが出来たことや、先日の合宿セミナーで奪うばかりの人生に気づき、これからは分かち合いの人生を求めていこうと強く決意したことからも、やはり自分に出来ることをやっていこうと思うようになりました。

実は、セッション再開に向け、これまでの反省と今後の決意をまとめ、このブログでみなさんにご報告しようと思い、温めていた下書きがあるのですが、今そんなものもどうでも良いような気がしてきました。

というのも、例えば以下のようなものだからです。
・ 相手の方のすべてを信じること
・ 相手の方のすべてを受け入れること
・ 相手の方を判断したり、変えようとしたり、コントロールしようとしたり考えないこと
・ 謙虚な姿勢で臨み、セッションを通じて自ら学ぶことに感謝すること
・ セッションは1回限りではなく、一定期間の対応とすること
・ 相手の方には自己責任で望んで頂くこと

どれも大切なこととは思いますが、今の自分にとっては、もっと自然体で良いのではないかと感じています。

あんまり、肩肘張らなくても良いように思っています。

セッションは1回限りではなく、一定期間フォローすべきとこの前まで思っていたわけですが、もちろんその方がベターだとは思いますが、そうしなくてはならない訳でもなく、むしろ1回で終わらなくてはならないというこれまで持っていた間違った信念というか意地といったとらわれやエゴ捨てることの方が大切だと感じています。

変わらなくてもいいし、変わってもいい。自分自身が構えず、とらわれず、自然体で望めば、きっとそのときに必要なことが現れるのではないかと思います。

強いて総括するならば、これまでの自分にはエゴがあったこと。そして今後は自分に出来る個人セッションをすること。分かち合いの人生のひとつの自己表現としての個人セッションをすること。真心と思いやりをもって、相手の方の思いに寄り添うこと。変わりたいと思う人なら、寄り添って変わりたい思いをお手伝いすること。本当の自分の気持ちを知りたい人なら、寄り添って知りたい思いをお手伝いすること。自分の持てる能力を役立てて分かち合うこと。

相手の期待に応えられないこともあるかもしれない。そういうこともあっていい。ただ自分なりに今の自分に出来ることをやるほかない。

そして、自分のLearning Processを大切に、日々成長していくこと。自分の気持ちを大切に、自分の気持ちに正直に生きること。

これからは、個人セッションを通じて、分かち合いの人生を実践していきたいと思います。
みなさん今後とも、よろしくお願いいたします。

L.P.
スポンサーサイト

テーマ : 自己啓発・能力開発 - ジャンル : 学校・教育

COMMENTS

No title

こんにちは。

いよいよ再開されるのですね!

>真心と思いやりをもって、相手の方の思いに寄り添うこと。変わりたいと思う人なら、寄り添って変わりたい思いをお手伝いすること。本当の自分の気持ちを知りたい人なら、寄り添って知りたい思いをお手伝いすること。自分の持てる能力を役立てて分かち合うこと。

他人の思いや苦しみをを100%同じように体験することはできないけれど、でも気持ちに寄り添うことはできますよね。それが思いやることなのだと私も仕事をしていて思います。

そして、その人の人生の主役はその人で、私たちはそのお手伝いしか出来ない、そう思っています。

これからのセッション楽しみにしています。




Re: No title

ともこさん

いつも、あたたかいコメント有難うございます。
まさに、人生の主役をお手伝いするということしか私には出来ないのだと思います。
このことに気づくのに1年以上もかかったというのは、情けない限りですが、遅ればせながら気がつけたことは本当によかったと思います。

実は、先ほど(日曜日)、八ヶ岳で出会った仲間たちとの再会の機会がありました。そこでは深い話ができました。後日改めてみなさんにご報告したいと思います。

引き続きよろしくお願いします。

L.P.

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

FC2カウンター
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

           L.P. (Learning Process)             

Author:           L.P. (Learning Process)             
日々、自分の人間性を高めていくために奮闘している中年男です。

2007年、会社でパワーハラスメントを受け、カウンセリングに通う。
これを機に自分を見つめ直し、カウンセラーから教わったT/A、アサーションをきっかけに様々な心理学、自己啓発を学び、元気を取り戻す。
自己啓発、心理学、スピリチュアルなど様々なセミナー、様々な本を読み漁るも、全く成長の実感がつかめず歳だけを取っていく。
8年後の2015年、ほんのわずかながらも成長を感じると同時に、改めて非常に時間のかかるラーニングプロセスであると実感し、今日も目に見えないながらもわずかな成長を信じて、日々のラーニングプロセスを記録としてブログに刻む。

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pepos
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。