スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

与えること、分かち合い

みなさん、こんにちはL.P.です。
セッション再開にむけ、最後のひと踏ん切りがつかぬまま、しばらくお休みしてしまいましたが、ようやく踏ん切りがつきそうです。

私の人生にとって最も大きな人生のターニングポイントは、約2年前に参加した八ヶ岳でのビジョンクエストでした。ライブ音楽を聴いたところ突然涙が止まらなくなり、平安というものに気づくことが出来ました(詳細は、平安ビジョンクエスト)。

このとき、これまで眠っていた能力が開花し、個人セッションを始めることになったわけです。

そして、おそらくこの次に大きなターニングポイントは、
先日参加した、本田健さんの「ユダヤ人大富豪の教え実践セミナー」です。これは、八ヶ岳で2泊3日で行われました。

2年前のビジョンクエストで、平安という大きな人生の扉を開けることが出来、大きな成長を遂げましたが、次の大きな扉が開かず、もがき苦しんできました。自分自身もっと癒さなくてはならない、エゴをもっと浄化しなくてはならないと思い、自分自身がカウンセリングやヒーリングを受けてきましたが、扉が何かすら分からずにきました。

そして、それはおそらく頭で分かるレベルではないものだろうということを何となく感じていました。そのため、カウンセリングやヒーリングで、再び涙が止まらなくなるような理屈を越えたところの経験が必要だろうと感じていました。

そして、今回2年ぶりに八ヶ岳の合宿に参加し、2年前の再現を期待しました。今回は本田健さんが購入された素敵なセミナールームと宿泊施設がついた研修センターで、少人数で実施されました。

とてもアットホームな空間と、40数名の参加者に対して10名のスタッフという素晴らしい雰囲気の中で行われました。そして素敵な仲間と出会い、一緒にワークをし、夜中まで語らう中で様々な気づきや学びを得ることが出来ました。

しかしながら、期待していたほどに大きなこころの変化が訪れませんでした。そして、最終日、思い切って質問をしようと考えたのですが、なんとその直前、質問禁止令が出されてしまい質問することが出来ませんでした。最後にはカップルの方がみんなの前でかなり深いワークをして、多くの参加者が涙していたのですが、自分はこころを閉ざしたまま感じることが出来ませんでした。

こうして3日間のセミナーが終わりました。自分としては、仕事を休んで、高い参加費を払ったにもかかわらず、十分に得るものがなかったととてもがっかりした気分の中、本田健さんが会場をさり、The Endとなりました。

その直後、アイウエオフィスのスタッフの方とボランティアスタッフの方が壇上に上がり、挨拶をしました。その中で、毎晩夜遅くまで反省会を行い、どうすれば参加者の方に気持ちよく、素晴らしいセミナーを受けてもらえるかを考えて、休憩時間にチョコレートフォンデュ出すことを企画してくださっていたという話を聞いた瞬間、突然涙がこみ上げて、しばらく涙を止めることが出来なくなりました。

反省会で弁当の手配や会場のことなど考えるならまだしも、休憩時間にもてなすチョコレートフォンデュのことまで考えていたという深い愛情、思いやり、真心に触れたため、涙が出てきたのだと思います。そして同時に自分はこれまで奪うこと、自分だけが得ることばかりを考えてきた人生に気づき、なんと愚かな考えだったのかということに気づくことが出来ました。

涙が出た後、しばらくそのまま立ちすくみ、止まらない涙をこらえつつ、周囲の仲間に自分のこれまでの愚かさを伝えました。そして、すぐ直接スタッフの方にお礼を伝えたいと思い、何人かの方に直接伝えることが出来ましたが、駅までの送迎の時間がすぐに迫ったため、全員にお伝えすることが出来ませんでした。

このお礼は後日直接手紙を書いてお伝えしたいと思っています。

夜自宅に帰った時、エベレスト登頂のドキュメンタリー番組をやっていました。大勢のスタッフ、ネパール人シェルパに支えられ、最後は1人で山頂にアタックしていました。その人が自分自身と葛藤しながら、スタッフを思いやるところを見て、さっきまでの自分であれば、主役としてアタックすることはやっても、シェルパのようにただ荷物を担ぐだけというようなことは絶対にしなかったと思うし、頭ではみんなのおかげといいつつも、心底感謝するということはなかったと思います。そして、無事登頂に成功したときには自分の実力だと思っていたと思います。

こんなことは小学生でもわかっていることだと思いますし、自分でも重々分かっていたことだと信じ込んでいましたが、やってきたことはというと、まったくそうではなかったと40歳にしてようやく分かりました。

今後深いレベルでそのような気持ちをもてるかどうかは私のこれからの生き方によると思いますが、ひとまず現時点でスタッフの方の深い愛情、思いやり、真心をしっかりと受け止めることが出来たことは自分自身の大きな成長だったと感じました。

これまで多くのセミナー、カウンセリング、ヒーリングに多額のへそくり投資し、多くの本を読み学んできましたが、チョコレートフォンデュを作って参加者に喜んでもらいたいというその思いの方が、今の自分にとってはこの上ない最高の学びの教材だったというのは、何とも不思議なそして素晴らしいギフトでした。

与えることによって、受け取る人がいる。受け取ることによって気づく人がいる。

これからの人生は、与えること、分かち合うことをテーマに生きていきたいと思います。

L.P.
スポンサーサイト

テーマ : 自己探求 - ジャンル : 心と身体

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

FC2カウンター
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

           L.P. (Learning Process)             

Author:           L.P. (Learning Process)             
日々、自分の人間性を高めていくために奮闘している中年男です。

2007年、会社でパワーハラスメントを受け、カウンセリングに通う。
これを機に自分を見つめ直し、カウンセラーから教わったT/A、アサーションをきっかけに様々な心理学、自己啓発を学び、元気を取り戻す。
自己啓発、心理学、スピリチュアルなど様々なセミナー、様々な本を読み漁るも、全く成長の実感がつかめず歳だけを取っていく。
8年後の2015年、ほんのわずかながらも成長を感じると同時に、改めて非常に時間のかかるラーニングプロセスであると実感し、今日も目に見えないながらもわずかな成長を信じて、日々のラーニングプロセスを記録としてブログに刻む。

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pepos
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。