スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身を修める

L.P.です。

最近、身を修めることの重要性をひしひしと感じます。

この9年間、どのように自分を磨いていこうか、
人間性を高めていこうかと
自分なりに努力してきたつもりです。

何をしてきたかというと、

心理学
コーチング
成功哲学
スピリチュアル

など、勉強してきました。

それはそれで重要なことで、
それがあって、今の自分があると思っています。

といっても、ようやくスタートラインにつく
準備が整ったというレベルですが。

この勉強によって、

こころのしくみ
精神のしくみ
人間の力が及ばない大いなる力のしくみ

など、基礎的な知識を多少学ぶことができました。

こういった基礎を学び、スタートラインに立った今、
改めて身を修めることの重要性、
これこそが人生の修行であり、
自分がこの9年間求めてきた
自分を磨くことや人間性を高めることへの
具体的方法論だと理解することができました。

いくら数学の方程式を覚えても
ハーバードMBAで経営理論を学んでも
立派な生きた経営者になれるわけではありません。

しかし、基本的な方程式や理論を知らなくては
経営者は務まりません。

教育学部を出ても
いい先生になれるわけではありません。
しかし、教育理論や指導要領を知らなくては
先生は務まりません。

その意味から、最近ようやく基本的なことが分かり、
今後、何をするべきかがわかってきたように思います。

それこそが、まさに「身を修めること」です。
そしてこのことは、最近何度も繰り返す、
「当たり前のことを当たり前に正しくすること」
です。

また、身を修めるためには、
古来より伝わる叡智を学ぶことだと思います。

現代の我々にとっては新渡戸稲造の「武士道」もそのひとつです。
そして、中国古典の四書五経もです。
論語、大学、中庸、孟子の四書は名前をきく人は多いと思いますが、
実際に読んだことがある人はさほど多くはないのではないでしょうか。

今日、中国人の同僚に聞いたところ、
中国でもこの100年は勉強されなくなったとのことです。
日本でも同じではないでしょうか?

幕末の志士達は剣術を磨くとともに、身を修め、学問を修めていました。
学問とはこれら古典なのです。

積読の山が大きくなる一方にもかかわらず、
論語の入門書などいくつか注文してしまいました。

今後は身の修め方を学ぶべく、古典も勉強しつつ、
身を修める修行を積んでいきたいと思います。

では。

スポンサーサイト
FC2カウンター
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

           L.P. (Learning Process)             

Author:           L.P. (Learning Process)             
日々、自分の人間性を高めていくために奮闘している中年男です。

2007年、会社でパワーハラスメントを受け、カウンセリングに通う。
これを機に自分を見つめ直し、カウンセラーから教わったT/A、アサーションをきっかけに様々な心理学、自己啓発を学び、元気を取り戻す。
自己啓発、心理学、スピリチュアルなど様々なセミナー、様々な本を読み漁るも、全く成長の実感がつかめず歳だけを取っていく。
8年後の2015年、ほんのわずかながらも成長を感じると同時に、改めて非常に時間のかかるラーニングプロセスであると実感し、今日も目に見えないながらもわずかな成長を信じて、日々のラーニングプロセスを記録としてブログに刻む。

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pepos
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。