スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイケルジャクソン オックスフォード大学での講演

先日の続きを書こうかと思いましたが、その前に今日数年ぶりに読み返したマイケルジャクソンのオックスフォード大学での講演についてです。先日はスタンフォード大学での講演でしたね。

実はここのところ毎晩マイケルジャクソンの動画を探して聴いています。今日はマイケル・ジャクソン VISION【完全生産限定盤】 [DVD]をハノイより購入してしまいました。


マイケル・ジャクソン VISION【完全生産限定盤】 [DVD]マイケル・ジャクソン VISION【完全生産限定盤】 [DVD]
(2010/11/24)
マイケル・ジャクソン

商品詳細を見る


さて、マイケルの講演を読むと改めてマイケルの素晴らしさが理解できます。一方、彼の栄光に満ちあふれたかに見える人生の裏側も素直にさらけ出されており、マイケルの苦しみとそしてそれを乗り越え、その苦しみの経験を土台に彼のチャリティー活動が成り立っていることがよく理解できました。

また、マイケルの講演の中に次の一節がありました。

『インド建国の 父マハトマ・ガンジーが言いました。 「弱者は人を許すことができない。許すことは強さの裏返しである」』

この言葉はなるほどと思いました。一方、最初読んだときは強いから許せるという風に解釈してしまったので、一瞬引っかかる思いがありましたが、許せた人は強い人であると解釈すればすんなり納得できます。もちろん強いから許せることもあるでしょうが。

自分の経験でいえば、自分を許せたから他人を許せるようになり、その結果強い人間になったということになります。

またこの強さというのは、いかにも力強いというよりも、平安な状態なんだと思います。このあたりは、かなり以前に平安・ビジョンクエストの終わりの方に書いた通りです。

そして、マイケルの生き様から表現するならば、自分を許し、人を許し、それを乗り越えた上で自分がやるべき行動(チャリティーのような)を取れる人というのが、本当に強い人なんだと思います。

去年の後半頃から、自分が如何に社会に貢献していくか、自分のベクトルを外に向けていくかがテーマでした。「分かち合い」というのが主たるテーマのキーワードです。

私も自分がやるべき行動をとり力強く生きていこうと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 自己探求 - ジャンル : 心と身体

スティーブ・ジョブズのスタンフォード大学でのスピーチ

こんにちは、L.P.@ハノイです。ついついさぼり気味になってしまいます。。。

ベトナムにいる1ヶ月ほどの間になぜかスティーブ・ジョブズのスタンフォード大学でのスピーチに2度出くわしました。

おそらくご存じの方も多いはず。お恥ずかしながら、2年半ほど前ケニアにて会社の後輩N君にこのスピーチのことをきいたが、その後ネットで全文を調べるということはありませんでした。

そしてベトナムに来て、友人から是非紹介するので会ってみてはということで、ベトナムのフエで仕事を作っている川村さんベトナムダナンではたらく若造の唐津さん/、ベトナムホイアンの日本語教師中村さんの3人の元気な青年とダナンで食事をした。

高度経済成長期に生まれ育ち、バブル時代を貧乏学生ではありつつも経験してきたアラフォーの私と、バブル経済を教科書でならう世代とのギャップを感じた。特に川村さん、唐津さんは入社1年にして、リストラされるという辛い経験をされている。(詳しくは上記ブログで)

しかし、その経験をバネに裸一貫で異国の地にて生きている姿は素晴らしい。自分も昔はそのくらいエネルギーがあったようにも思うが。。。自分は何かを失ってしまったのだろうか。失われた世代に育った3人は自分が失ってしまった何かを持っている気がする。

しかし、自分は失ってしまったとは思いたくないし、思っていない。たぶんホコリに埋もれてしまっているだけだろう。

さて食事では3人がベトナムに来るまでや、来てからのことを伺うと同時に自分の話もした。加えて親父の説教みたいなことも話したような。。。

後日、唐津さんから私の話を聞きながらスティーブ・ジョブズのスピーチを思い出していたと伺い、上記サイトを教えてもらった。はじめてその内容を読んでみたが、なんと私が話した話はスティーブ・ジョブズと同じ3つの内容ではないか!

そして先日、マイケルジャクソンの素晴らしさに気づかせてくれたスピリチュアルダイアリーのRUMIKOさんからマイケルの遺した言葉/マイケル・ジャクソン氏の歌詞の日本語訳詞集のサイトを教えて頂いた。ちなみに、このサイトとってもお薦めです。Heal The Worldなら分かるにしても、BADのような派手でポップな歌にもマイケルの強いメッセージが込められていたというのは驚きました。

そして、このマイケルの歌詞を翻訳されたサイトオーナーの大西さんのIt's Alog!, not Blog にも、スティーブ・ジョブズのスピーチが現れた。

自分自身がスピーチのことを何も知らずに同じ内容の3つの話をしながら、2度もこのスピーチに触れたということは、今自分が必要としているメッセージなのだろうか。。。

つづく

テーマ : 自己探求 - ジャンル : 心と身体

FC2カウンター
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

           L.P. (Learning Process)             

Author:           L.P. (Learning Process)             
日々、自分の人間性を高めていくために奮闘している中年男です。

2007年、会社でパワーハラスメントを受け、カウンセリングに通う。
これを機に自分を見つめ直し、カウンセラーから教わったT/A、アサーションをきっかけに様々な心理学、自己啓発を学び、元気を取り戻す。
自己啓発、心理学、スピリチュアルなど様々なセミナー、様々な本を読み漁るも、全く成長の実感がつかめず歳だけを取っていく。
8年後の2015年、ほんのわずかながらも成長を感じると同時に、改めて非常に時間のかかるラーニングプロセスであると実感し、今日も目に見えないながらもわずかな成長を信じて、日々のラーニングプロセスを記録としてブログに刻む。

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pepos
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。