スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーム理論

こんにちは、L.P.です。
先日、交流分析における「ゲーム分析」について紹介したが、今日はわりと良く聞く「ゲーム理論」。
なんとなく知ってはいたが、ちゃんと勉強したわけではなかったので、一度、入門本を読もうと思っていたところ、発見したのが、この本。

もっともやさしいゲーム理論―最良の選択をもたらす論理的思考法 (日経ビジネス人文庫)もっともやさしいゲーム理論―最良の選択をもたらす論理的思考法 (日経ビジネス人文庫)
(2004/06)
嶋津 祐一

商品詳細を見る

ゲーム理論について具体的な話を2つ聞いたことがあった。
ひとつは、会社の先輩がある人について、「ああいう奴は実はゲーム理論的には最適なやり方なんだよな。」と。これは、私とは違って、あまり自分の意見を主張したりせず、また自分は何をやりたいということを(思っているかもしれないけど)少なくとも明確に意思表示しておらず、上司からいわれたことを素直にそつなくこなす人のことをそう表現したわけです。
もうひとつは、ゴルフ雑誌の記事で、プロゴルファー倉本昌弘が2003年アコムインターナショナル初日に、日本ツアー史上初の最少スコアとなる59ストロークという偉業を最年長48歳で達成し30勝目を上げたことに絡んだ記事だ。その記事では、倉本のコース戦略を分析し、決して無理をしてバーディーをとろうという冒険をせず、堅実に攻めたことをゲーム理論的に望ましい戦略だったと解説していた。
「ゲーム理論」という名前からこれまで何となく勝手に理解していたのは、ゲームなり何らかの選択において、勝利を得るための凄い方法を科学的に体系化したものだと思っていた。しかし、上記2つの事例からはなんだか「凄み」がないものだなーと思っていた。

さて、こんな理解をもとに読み始めてみた。
基本的に、ゲーム理論とは意志決定を理論化したものである。本書では、以下の5つについて解説されていた。
1.同時進行ゲーム
2.戦略のミックス
3.交互ゲームと樹形図
4.囚人のジレンマ
5.夫婦の食い違い

詳しい内容は、本書を見ていただきたいが、結局のところ何が驚いたかというと、ゲーム理論というのは、「ゲームに勝つための方法」ではなく、

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 自己啓発・能力開発 - ジャンル : 学校・教育

脚本分析

こんにちは、L.P.です。今日は交流分析(T/A)における「脚本分析」です。
脚本分析は、交流分析の究極の目標とされているそうです。


脚本分析 (Transactional analysis series (5))脚本分析 (Transactional analysis series (5))
(1997/02)
杉田 峰康、国谷 誠朗 他

商品詳細を見る

脚本とは、「人生早期に親の影響の下に発展し、現在も進行中のプログラムをいい、個人の人生の最も重要な局面で、どう行動すべきか指図するものである」ということだそうです。つまり、人間の人生は

続きを読む »

テーマ : 自己啓発・能力開発 - ジャンル : 学校・教育

ゲーム分析

こんにちは、L.P.です。

今日は、ゲーム分析です。交流分析 (T/A)の中には、ゲーム分析と脚本分析と呼ばれる考え方があります。


なぜか同じ失敗を繰り返してしまう人たち (扶桑社文庫)なぜか同じ失敗を繰り返してしまう人たち (扶桑社文庫)
(2006/07)
芦原 睦

商品詳細を見る


このゲーム分析のゲームとは、「対人関係の悪い癖」のことで、無意識のうちにゲームを仕掛け、いつも同じルール(やり方)にしたがって繰り返し、人間関係に気まずい結末を残すものとのことです。このゲームにはいくつかの典型的パターンがあるそうで、その一つに「Yes、Butゲーム」というのがあります。これは相手に話しかけたり質問して、「そうですね、でも」と受け答え、それに対して相手がさらに反応し、それに対して「そうですね、でも」と繰り返し、最後には「いい加減にしてよ!」といわれる結末になるというようなものです。また、「キック・ミー・ゲーム」というのは、遅刻などを繰り返し、最後に周囲の堪忍袋の緒が切れて怒り出すまで続け、怒られたとき「自分はみんなから嫌われているんだ」といじけるようなゲームです。
これらのゲームは、ストロークというものが関係しているとのことです。ストロークというのは、

続きを読む »

テーマ : 自己啓発・能力開発 - ジャンル : 学校・教育

交流分析 (T/A) とエゴグラム

こんにちはL.P.です。

先週末は、久しぶりに異業種の友人たちと飲む機会があり、非常に良い刺激を受けました。
やはり、こういう機会って良いですね。今後も継続していきたいと思っています。

さて今日は、アサーションを学んだことをきっかけにはまってしまった、交流分析(T/A)についてです。
カウンセリングを受けた際、この交流分析に基づく性格診断というか、後述のエゴグラムというものに基づいた分析をしてもらいました。


交流分析とエゴグラム (Transactional analysis series (3))交流分析とエゴグラム (Transactional analysis series (3))
(2000)
新里 里春

商品詳細を見る


交流分析とは、主として幼児期に両親などの他者と交流する中で形成される人格・自我を分析したものです。この理論によると、人間の心(自我)の中には大きく親の心(Parent)、大人の心(Adult)、こどもの心(Child)という3つの心があるとしています。さらに親の心の中には厳格な父親の心(CP:Critical Parent)と優しい母親の心(NP:Nurturing Parent)、こどもの心の中には自由奔放なこどもの心(FC:Free Child)と柔順なこどもの心(AC:Adapted Child)に分けられます。つまり人間は5つの心を持っており、その5つの心のバランスや表現によって支配されているということです。また当然のことながらこれらの自我・人格・性格といったものには優劣があるわけではなく、人それぞれの個性ということになります。
簡単な診断テストで自分の5つの心の状態を分析したもの(性格診断のようなもの)をエゴグラムといい、5つの心の得点が折れ線グラフとなります。(興味ある方は多くのWebサイトで診断できますので、交流分析かエゴグラムでググってください)

エゴグラムは、下表のようにまとめられます。つまり、優劣がなく、プラス・マイナス、表裏一体というかその特徴の裏返しがあるということです。ちなみに私の場合は、
(表の右がかけてしまっているので、クリックして見てください。)

TA表

続きを読む »

テーマ : 自己啓発・能力開発 - ジャンル : 学校・教育

アサーション

こんにちはL.P.です。
「アサーション=Assertion」って意味、知っていますか?恥ずかしながら私は知りませんでした。Assertionとは主張という意味だそうです。
カウンセリングを受けた時、最初に紹介されたのがこのアサーションです。
早速帰りがけに本屋に直行し、薦められた本を買いました。
アサーショントレーニング―さわやかな「自己表現」のためにアサーショントレーニング―さわやかな「自己表現」のために
(1993/10)
平木 典子

商品詳細を見る

「アサーショントレーニング -さわやかな<自己表現>のために」
著者:平木典子; 発行元:金子書房

この本は「主張しましょう」という本です。「えっ!?」とか「はぁ?」とか思う人もいるかもしれません。
帰りの電車でもうびっくり。胸元をぐさりと突かれたような衝撃で、蛍光ペンで真っ赤っかにしちゃいました。
とても読みやすい本ですので、おすすめです。

早速ですが質問です。銀座のレストランに田舎から上京してきた旧友を招待し、ステーキをレアの焼き具合で注文しました。しかし、ウェイターが運んできたのはよく焼けたウェルダンのステーキでした。さて、あなたならどうしますか?

続きを読む »

テーマ : 自己啓発・能力開発 - ジャンル : 学校・教育

パワハラ

こんにちは、L.P.です。

いきなりパワハラです。
ご存じですか?パワーハラスメントの略です。セクハラはみなさん知っていると思いますが、私はパワハラという言葉を昨年まで知りませんでした。
なぜ知ったかというと、去年自分が携わっていたプロジェクトのプロジェクトマネージャーから私がパワハラを受けていたからです。しかし、受けている自分はそのことを知らず、会社の同僚から「パワハラだから訴えたら」といわれ、始めて知りました。
その同僚はたまたま隣の会議室にいて、私が怒鳴り散らされているのを偶然聞いていたのです。同僚はその直後、会社の「コンプライアンス室」宛になんと通報メールを送っていたのです。以下、その一部を抜粋しました。

「本日朝出社すると、その会議室から誰かが誰かを叱責するような声が聞こえてきました。はじめは何かの件で怒られているのかなと思うぐらいだったのですが、そのうち声を荒げて”本当にどうしようもない馬鹿だな!”といった人格を否定する言葉をはいたり、机をたたいて威嚇したり、相手に意見を言わせようとしながらもその言葉にかぶせて強圧的にねじ伏せて相手を精神的に追い込んでいくようなパワーハラスメント行為が朝8時から夕刻16時頃まで、断続的に延々と続いていました。もちろん小職は彼がなぜそのような暴言を吐いているのかわかりませんが、その発言内容は、喩え相手がどれだけダメであったとしても、言って良いことを遙かに越える、ただ単なるいじめに聞こえるやりとりでした。」

ただ、この通報メールを知ったのは、2ヶ月くらい経った後のことでした。
それまでは、職人気質の厳しい人で、性格的にも屈折した人なのでそういう態度をとるんだろう、そしてそんな人と一緒になった自分は不運だなーと感じており、半ばあきらめていたという状況でした。というのも、何をやっても「ダメだ!」といわれ、こうしろと言われたとおりにやっても「ダメだ!」の連発。
ただ、仕事に対する意気込みというか、責任感のようなものはある程度持っていたので、苦しいながらもがんばっていたつもりでした。
ところがこのメールを知り、パワハラとは何かをネットで調べたところ、あるホームページでは
『被害者の特徴として、「自分の感覚が信じられなくなる」というものがあります。これは、何をしても、何をいっても、加害者から否定されることが続くと、いつのまにか自分の感覚に自信が持てなくなります。』
とありました。
そして、わかったことはなるほど自分は被害者だったのかということ。
被害により感覚が麻痺していたため、結果的には第三者である会社の他の上司からも信用を失う始末で、周りからダメ扱いされて、本当にどん底状態でした。親しい上司に相談してもある程度同情はされるものの、パワハラを受けた原因は君にもあるということで、パワハラそのものについてはとりあってもらえませんでした。結果的に、私はプロジェクト半ばで、チームメンバーから外されるという悲しい結末を迎えました。
ただ、幸いなことに会社のコンプライアンス室に相談したところ、会社が提携している専門機関を紹介され、そこに相談に行きました。そこは主にカウンセラーがいて、私のような人間や鬱病などになった人が相談に行くところです。
そこで、何度かカウンセリングを受け、これが自分を振り返る大きなきっかけとなりました。当然ながらカウンセリングを受けたというのも生まれて初めての経験です。
このカウンセラーの方からのアドバイスや紹介された本などをきっかけに、精神心理学系や自己啓発に関することに興味を持ち始め、まさに私の「Learning Process」が始まったわけです。

はじめまして

はじめまして。
ブログを始めてみることにしました。
人生には浮き沈みがありますが、昨年はちょうどどん底の1年でした。
しかし、どん底の状態で悩み、考え、苦しんだことは、これからの自分の人生にとっていい肥やしだったと思っています。そのころから、いわゆる自己啓発というか、自分という人間、また人生を今後どう高めていくか、そしてそのために今何をすべきかということ日々考えるようになりました。
このブログを通じて、考えたこと、気づいたことなどを記録し、自分の成長過程 = Learning Processとして、綴っていきたいと思います。
きっと、似たような状況にある方、あるいは過去に経験した方、そして既にそれを乗り越えた方などがいらっしゃると思いますので、このブログを通じてシェアできればと思います。
ということで、みなさんよろしくお願いします。
FC2カウンター
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

           L.P. (Learning Process)             

Author:           L.P. (Learning Process)             
日々、自分の人間性を高めていくために奮闘している中年男です。

2007年、会社でパワーハラスメントを受け、カウンセリングに通う。
これを機に自分を見つめ直し、カウンセラーから教わったT/A、アサーションをきっかけに様々な心理学、自己啓発を学び、元気を取り戻す。
自己啓発、心理学、スピリチュアルなど様々なセミナー、様々な本を読み漁るも、全く成長の実感がつかめず歳だけを取っていく。
8年後の2015年、ほんのわずかながらも成長を感じると同時に、改めて非常に時間のかかるラーニングプロセスであると実感し、今日も目に見えないながらもわずかな成長を信じて、日々のラーニングプロセスを記録としてブログに刻む。

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pepos
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。