スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貢献・応援の循環

こんにちは、L.P.@日本です。先日帰国しました。

昨日は、現在受講中のマイケルボルダックのプロコーチ認定コースの一環で、マイケルの個人セッションを受けました。

その際に、受講生の受付をボランティアスタッフとして担当されていたのが、米国NLP協会認定NLPトレーナーである長岡高生さん。

45分のセッションが終わり、次の方がキャンセルになったため、一緒にお昼をご一緒し、色々なことを教えて頂きました。(長岡さん、ありがとうございました!)

中でも、なるほどと感銘を受けたお話が、

「貢献・応援の循環」の話し。

最近よく聞く話に、人を応援すると、自分も応援される、あるいは、応援されるような人間でないとなかなか世の中うまくいかないというものがある。

そこで、自分も応援・貢献しようと思うのだが、思った瞬間に、「自分は自分が応援されたいからこの人のことを応援するのだ」というエゴであるという罪悪感、自己嫌悪感を感じて、さめてしまう思いがあった。

そんな話しをしたところ、やはり世の中で成功している人は、応援しているし、されている。そして、応援するときにその効果が高い人を選んで、つまり恣意的に計算して応援している部分もあるだろうとのこと。

ただし、その人を応援したからといって、その人から応援されるという直接的見返りを求めて応援するわけではないであろうとのこと。

むしろ、そういう人は応援・貢献することは、必ず循環があって、自分に返って来るという信念を持っていて、必ずしも直接その人から返ってくるよりは、周り回って違う人から返ってくると考えているのだろうとのこと。

「なるほど」っとかなり感銘を受けた言葉だった。

自分は今まで直接的な見返りを期待してしまいがちだった分、余計に自己嫌悪感を感じていたが、ある意味その人からの直接的な見返りを「手放すこと」によって、とっても自然体で応援・貢献が出来るのだと。肩肘張らず出来るのだと。

そして、成功している人は、その循環の効率がいい輪を選んでいるのだという。

自分も今後はそのような大きな循環の輪というスタンスで捉えて、応援・貢献をしていきたいと思った。

自分と相手という狭い関係ではなく、目に見えない相手を大勢介して、知らない誰かとつながっている、循環というご縁で結ばれている、そんな壮大な循環の輪を捉えていきたい。

また、この長岡さんはNLPトレーナーだけあって、かなりNLPを勉強されていて、これまでの私のNLPの理解に対する不十分さを痛感させられた。

長岡さんは、NLPを学んでいたときに、8回ほど再受講を重ね徹底的にマスターしたそうだ。その徹底した姿勢が何よりもすばらしいと思うし、そこから語られるNLPの凄さというのも、これまで聞いたNLPとはかなり違っていた。

正直、NLPは少しかじっただけで、あまり興味をそそるものではないと見ていたが、なるほど長岡さんのように捉えるとこんなことも出来るのかと、これまでの自分の理解不足、浅い理解であることを痛感せざるを得なかった。

少々資金難であるが、しかるべき状況が整ったときは、是非長岡さんのNLPコースを受講したいと思う。

スポンサーサイト

テーマ : 自己啓発・能力開発 - ジャンル : 学校・教育

COMMENTS

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

No title

LPさま

お昼をご一緒させて頂き、ありがとうございます。
「貢献の循環」のお話がお役に立ててよかったです。

本当に、成功している人は、直接的な見返りではなく、
「貢献の循環」を意図しているようです。

そして、貢献しているのに、なかなか成功しない人は、
直接的な「お返し」=ギブ・アンド・テイクを期待している、
そんな印象を持っております。

win-winの関係なども、循環として捉えると、
もっともっと広がりとやり易さ、自由さを感じます。

そして、どの場所で、誰に貢献するのか、を考えたとき
人生は有限であり、時間もリソースの限られています。

自分の本質に沿う分野で、自分の生き方や在り方と
一致する人に「貢献したい」と思うのは当然のことで、
それが、結果として、「効率のよい」循環をつくっている
のだと思います。

シェアして頂き、ありがとうございます。

本日、マイケルのセミナー会場でお会いしましょう。

長岡高生拝

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

FC2カウンター
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

           L.P. (Learning Process)             

Author:           L.P. (Learning Process)             
日々、自分の人間性を高めていくために奮闘している中年男です。

2007年、会社でパワーハラスメントを受け、カウンセリングに通う。
これを機に自分を見つめ直し、カウンセラーから教わったT/A、アサーションをきっかけに様々な心理学、自己啓発を学び、元気を取り戻す。
自己啓発、心理学、スピリチュアルなど様々なセミナー、様々な本を読み漁るも、全く成長の実感がつかめず歳だけを取っていく。
8年後の2015年、ほんのわずかながらも成長を感じると同時に、改めて非常に時間のかかるラーニングプロセスであると実感し、今日も目に見えないながらもわずかな成長を信じて、日々のラーニングプロセスを記録としてブログに刻む。

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pepos
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。